ロゴ

池袋の出会いカフェで

MANKI池袋店


私が出会いカフェを利用する時間帯は、昼過ぎから夕刻までがほとんどです。

朝会社をでて超特急で外回りを終わらせ、そこから一番近い出会いカフェに飛び込むと、だいたいそのくらいの時間帯になるのです。

ここ「MANKI」はその名の通り、「出会い系漫画喫茶」です。なので2000円さえ払えば好みの女子が現れるまで、漫画を読んだり、ネットをしたりして楽しむことができます。

で、午後1時から4時くらいかけて、数は少ないですがいかにも人妻さん風の女子も来店します。

その日の私は、その人妻風とトークしてみることにいたしました。


セックスレスの画像


彼女はみたところ30代中頃。

色白でいかにもエッチが好きそうなプチ熟女でした。訊いてみると彼女はやっぱり人妻さんで、月に2回くらいこの店に来店しているそうです。

私はトーク席で話しをまとめてしまおうと決めました。

「もしよかったらホテル行きたいんだけど、大丈夫?」

「はい。大丈夫ですよ」

はい。彼女も援交目当ての人妻さんでした。今日は彼女で決まりです。


出会いカフェ


あんまり褒められた趣味ではありませんが、私は援○人妻と会ったとき、エッチをするまえに彼女の「夫婦生活」を聞きだすのが大好きなんです。そうして彼女の日常生活などを想像しながらエッチをすると、背徳的な気分になってより興奮することができるんですね。

彼女の旦那さんはとあるスポーツクラブのインストラクターで、たいへん真面目で優しい方なのだそうです。

とくにセックスレスでもないようです。

「だったら週に何回くらい旦那としてるの?」

「週っていうより、月に二回くらいかなあ」

「それじゃ足りないと感じてるの?」

「どうでしょう」

彼女はちょっと顔を赤らめていいました。

「じゃあ、満足してるの?」

「もう少し、多くてもいいかな」

「やっぱり足りないんだ。すごくしたいとき、旦那が先に寝ちゃったりしたらどうするの?」

もう、やめておきましょう。ようするに私は人妻から恥ずかしい話を聞きだすのが好きなだけなんですね。

「旦那さんって、マッチョなんでしょ?」

エッチが始まってからも私の言葉責めは続いていました。

「チンコもマッチョなの?」

「いや! そんなこと訊かないで!」

「おれのチンコとどっちが大きい?」

「あ、あああ」

「おれのほうがでかいの?」

「いかせて!」

「いわなきゃいかせない。でかいチンコが欲しかったの?」

「あ、ああ、ああ、好き!でかいのがいい!でかいチンコ好き!でかいの大好き! あ、いいく、いくううううう!」

彼女はそう喘ぎながら両脚をピーンと硬直させていってしまいました。

私ってほんと意地悪ですね。


ちなみに写真は撮影できなかったのでライブドアのYYCでハメ撮りした女子の画像を使ってます。



超美女の彼女と池袋で待ち合わせてハメ撮り性交

出会いカフェの女性が併用するサイト

※LINEのIDを交換する事で併用できるサイトです。初回無料ポイント付のサイトばかりです

他エリアの出会いカフェ

  1. 池袋に新装した出会いカフェで、モデルタイプの女子とエッチしてきました
  2. 新宿の出会い喫茶でOLさんを連れだし、ラブホにいっちゃいました
  3. 出会いカフェ・キラリは、たしかに美形女子がそろってましたよ
  4. 出会いカフェ大阪出張
  5. 神戸の出会いカフェでJK風の女子とエッチしちゃいました
  6. 横浜の出会いカフェで女子大生に振られました
  7. 広島の援デリ嬢は、諭吉1枚でエッチさせてくれる出会い系天使でした
  8. ハピメの本拠地福岡で、とびきりどスケベな援交人妻と出会いました
  9. 出会い喫茶の元祖の店で、女子大生とセフレになりました
  10. ハピメで出会ったプチ援さんは、たった3000円で車内フェラをしてくれました!

出会いカフェサイト情報 All Rights Reserved.